カテゴリー「音楽」の記事

磐梯の山につつまれて

佐藤さとみさんの歌と磐梯の美しい風景写真の映像がユーチューブで見られるようになった。

こんなにきれいなところだったんだね。

https://www.youtube.com/watch?v=m-XGPO3u77c&feature=youtube_gdata_player

辰年しめくくりのニュースは、猫子さん作詞家デビュー?!coldsweats01

まったく赤面恐縮ですが。。。思い出一杯の歌だし、大好きだよ

また生でも聞きたいねnote

来年の大河ドラマ、会津もりあがるといいなheart04

ついでにこの曲もup

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽蔵ライブ

黒須の石川洋行さんにある3階建ての土蔵、楽蔵rakuraでのインド音楽&舞踊ライブに行ってきましたnotes

Photo といってもみんなインドで修行してきたという日本人。インドの民族楽器、タブラ・ガタム・シタールを使う瞑想図というグループと、福島まゆみさんというきれいな人の踊りと善財さんの不思議な歌声。

もちろんこういうの見るのも聞くのも初めて。

福島さんの表情がすごい惹きつけられる。

手を合わせて拝む格好をするんだけど、それがほんとにこんなに一生懸命拝んでる人見たことないってぐらいな顔なのが印象的でした。近いからいいね。

それから、善財さんという人、一人でこだま製造機みたいな装置を駆使して歌を作っていてびっくりしました。なんかとても気持ちよさそうで脱力、溶解しそうな声色です。ちらしの写真とは全然印象が違うんですけど・・・coldsweats01

Photo_2

南インドの楽器でガタム。なんと焼き物の壺sign01これだけ出土したら、楽器だなんてわかんないねwobbly

手の指や手首などでたたく。壺の口を奏者の腹に近づけたりして音程を変えたりするのです。音符じゃなくて口三味線みたいなので師匠から覚えるらしい。

そしてこのガタム奏者は日本で一人しかいないそうですsign01

最初にガタムとタブラだけで演奏した時は、ホント。。。インドの森の中でカミか精霊が話してるみたいなupwardright

しかもガタムのお兄さんはさわやかな笑顔で叩くスタイルdelicious。全体、好印象の人たちです。会場もそうだし、ジャイプールのお店では何回もやってるそうで、近しい感じなのかな。

このイベントを企画したジャイプールはインド料理のお店です。299バイパス、小谷田交差点付近。

今日のライブでは、チャイと、タンドリーチキンサンドがでました。どっちもすごくおいしいlovelyチャイって苦手なのがあるけど、このチャイは飲みやすかったです。猫子さんは鳥肉好きなので、タンドリーチキンサンドはけっこういけました。

Photo_3 この前は劇団鳥獣戯画の芝居を見に来たんで2回目でしたが、今日もけっこうお客さん来てました

楽蔵の建物についてはまた改めて3階建て土蔵シリーズで書きますheart01乞うご期待cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は地球

某会社のクリスマスパーティーで演奏する佐藤さとみさんを応援に行ってきました。

とっても素敵な会場でwineといっても、彼女の出番にはちょいと間に合わなかったのですが・・・coldsweats01

そこで歌うことになったきっかけは、彼女の作った歌が、その会社にぴったりだと気にいっていただいたのだとのことgood

歌は「私は地球」。いただきました。shine初CDですsign01

Cd ジャケットも素敵にできてますよ。

タイトル曲と、アイルランド民謡「森深く静かで平和な島」の2曲です。

「私は地球」

・・・大地と呼ぶ 私の体にすがり 無邪気に遊びつづける そんなお前たちを ただせつなく 愛し続ける

地球が地球の気持ちを歌ってるんですよ。落ち着いた曲だけど、「私は地球」ってサビに、ガツンpunchときました。

noteお前たちが望むように 私の体はつくりかえられていく 子どもたちよ 心の限り 喜び歌え

なんか考えさせられるような歌だし、アイヌのユーカラで、神様が一人称で語る感じが思い出されます。

福島の森と湖に育まれた感性でしょうかcatface

歌いの方もさらにうまくなって、コーラスとかも入ってすごく素敵になってました。

いろいろ大変な状況なんですが、なんとか無事にできてよかった。頑張ったねーsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fiesta再会ライブ!

Photo_2 茨城県北茨木市磯原のパンプキンという音楽のあるレストランで、友達がライブをする!というので行ってきましたhappy02

真ん中二人がフィエスタのさとみちゃんとはねみちゃんです。アコースティックデュオっていうらしい。

二人とも卒業後は別々にソロ活動していました。

はねちゃんは四谷コタンで何回か聞いたけど、さとみちゃんの歌を聞いたのは、彼女の結婚式以来。

一人ずつのオリジナルをやった後、いよいよフィエスタ復活happy01

懐かしい曲あり、一緒にうたったり、鈴振ったりして楽しかったね。

今歌ってるのは、さとみちゃんの結婚式のために作った歌で、なんと、猫子さん作詞・はねちゃん作曲。すっかり忘れてたのでびっくり。あらためて聞いてみると歌詞はちょっとくどいけど、なかなか良い歌だねえweep

猫子さんとしては、こんな歌作っちゃって悪いことしたなあと思ったけど、また新たな深ーい解釈をしていただけて、ほっとしました。

右がちゃぼさん。このライブをセッティングしてくれた方。左ははねちゃんのパートナーです。

ちゃぼさんはラテン太鼓の先生だから、上手に盛り上げてくれちゃって、さとみちゃん、ほんとに気持ち良さそうに歌ってたね。

まりちゃんは泣いてたけど、猫子さんはうれしくて笑っちゃったよ。

Photo_3

会場のパンプキンは自然食レストラン。

ライブにはこのプレートと1ドリンク付き。

右のタラノメみたいのは、初めて。

こしあぶら?だったかな。

茨城や福島ではおなじみの山菜とのこと。

香りが強い、山の春。

| | コメント (2) | トラックバック (0)