カテゴリー「趣味」の記事

東京ジャーミーその2 


Photo_12


外階段の天井。6角形の模様になっています。格天井みたいな雰囲気も。

Photo_10





古い建物が残っていました。トルコ人の子どもたちのための学校でした。

ロシア革命の影響で、日本まで逃げてきた人たちだったそうです。

イスラム教徒は15億人もいるそうですが、日本ではあまり知られていません。

初めてイスラム教の建物を見ましたが、すっきりした美しい建物で、新しいせいなのか、とても明るく開放的な感じがしました。同時にイスラム教の教えのことも知ることができ、トルコにも行ってみたくなりました。トルコ文化センターなので、無料のパンフレットや、アラベスクの美しいカードなど安価で販売しています。東京ですばらしいイスラム文化に触れることができる場所でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ジャーミー

Photo


東京ジャーミーのジャーミーはトルコ語でモスクのこと。

礼拝堂を見学させていただきました。建物も説明も、新鮮な驚き、面白かったですhappy01

2000年に東京ジャーミー・トルコ文化センターとして建てられたものですが、もとは昭和13年東京回教礼拝堂として建てられ、代々木上原のランドマークだったそうです。

Photo_4

屋根のドームと細い尖塔。バルコニーは、礼拝の時間を肉声で呼びかける場所です(東京ではやりません)アーチはイスラム教の公平さの教えを意味しているとも。力に強い構造です。

Photo_5


みどころの一つはカリグラフィという、アラビア語の書道みたいな装飾です。これは「死を迎える前に悔い改めなさい」と書いてあります。このカリグラフィの部分はタイルに焼きつけてあるので、いつまでもきれいな青色だそうです。

Photo_6


中に入ると別世界。天井は大小のドームで、建物は6角形になる柱で支えられ、とても丈夫です。またさまざまな部分に六角形のデザインが使われています。

シャンデリアまで、カリグラフィになってます。

白い壁にアラベスク、洗練された草の模様がちりばめてあり、ステキでしたshine

Photo_7

メッカの方角をしめすくぼみです。

メッカに向かい、横一列にスクラムを組むように密着してならび、礼拝するそうです。

イスラム教では、神主や牧師さんのような人はなくて、神と個人個人が直接、縦につながっており、人間はすべて横の平等つながりであることを意味しているそうです。

堂内の高い窓はみなステンドグラスです。

Photo_8
ドアは、木目込みみたいになってました。螺鈿も。幾何学模様も特徴で、ゼオメトリというそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)