« 2014年3月 | トップページ | 2016年2月 »

2014年6月

遠野物語と鬼太郎の誕生

Eテレで『遠野物語』をやるので、よみなおしていたら

あの、鬼太郎の誕生シーンを連想させるお話を発見sign01coldsweats02

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

柳田國男 『遠野物語拾遺』 

二四六

附馬牛村の某という処に、掘返し婆様と呼ばれて居る老婆があった。

此老婆は生まれた時に母親に戻しを食って唐臼場に埋められたが、

暫らくして土の中で細い手を動かしたので、生き返ったと言って

掘起こして育てられた。

それから掘返しという綽名が附いて、

一生本名を呼ばれなかったそうである。

縊られる時に一方の目が潰れたので生涯メッコの婆様であったが、

十年程前に老齢の為に死んだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

鬼太郎の誕生シーンは

土中出誕や子育て幽霊の影響が知られているが

この子返しの話に出てくる

首を絞められる時に一方の目が潰れた、というのは無いと思うtyphoon

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

水木しげる「おかしな奴」-墓場鬼太郎の誕生 2 墓穴から生まれた子-  昭和39年 佐藤プロ 

(血液銀行の調査員水木は 病死した幽霊族の夫婦を見つけ、妻の方を墓場に埋める)

墓場からあかん坊が・・・・

しかも重い石をのけて

その上に母の死体から 生まれているのだ……

とうてい人間わざとは思えない

そうだ!!

かれは人間の かっこうはしているけど 人間ではないのだ!!

「このような化物の子を生かしておいては将来どんなわざわいが、

ふりかかるやも知れない」

オギャー

「わるいけど 生かすわけにはゆかん」(赤ん坊の首に手をかける水木)

「だめだ」「おれにはできない」 (赤ん坊を投げ捨てて逃げる水木)

その時悪いことに あかん坊は 石塔に目をぶつけて片目となった

なんという無ざんな誕生であろう

墓場から生まれるなり片目となり、嵐のなかをはいまわらねばならぬとは……

墓場で生まれた、鬼のように強い子「墓場鬼太郎」は 

かくて生まれたのだ!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

鬼太郎の誕生シーンはよく知られているものの、

何度も描かれて、バリエーションがある。

その細かいことはわからないけれど、

最初の貸本版墓場鬼太郎の『妖奇伝』(兎月書房 昭和34年)の

「幽霊一家」では、生まれた時からすでに片目で

絞め殺せずに捨てて逃げるだけになっている。

ちなみに母親も片目のお岩さん風なので、母親に似たということかもしれない。

しかし佐藤プロ版では、母親は片目ではないので、

鬼太郎がどうして片目になったか、

合理的に説明しようとしたもの、でしょうeye

掘返し婆様の話が、関係あるのかは知りません。

でも、そんな話が「事実」としてあったということは「戦慄」でしたwobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2016年2月 »