« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年3月

雛めぐり 飯能編

一丁目倶楽部がすごいから行ってみて、と聞いたので、そういえば、去年もそんなこと聞いたけど行けなかったので、吾野の帰りに時間間際に行ってみましたら、まだ見に来られる方もいて拝見させていただきました。

1広い会場なので、たくさんのお雛様、手作り作品などあり、楽しい会場でした。

享保雛まであります。

1_2

明治時代のお雛様がいくつもありました。

岩槻鴻巣の人形かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛めぐり 吾野編その2

Photo_10

仏像彫刻とともに飾られていた御殿雛。Photo_11

雛のお膳においしそうな・・・

これはホンモノではありませんsign02

そう、食品サンプルですhappy02

すごーいsign01

ホンモノだっshine

Photo_12

さらにこちらでは、お手製のあられの御相伴にあずかりました。餅を揚げたものにお醤油をかけて、さらに白砂糖をざっくりとふりかけてありました。一瞬、塩じゃないの?と思ったのですが、あまじょっぱくておいしかったですdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛めぐり 吾野編

Photo_6


飯能ひな飾りイベントは、昨年は飯能市街を見たので、吾野宿に行ってみました。

吾野宿は江戸時代から西川材で繁栄した町並みを整備しつつあるようで、イベントもやっているそうです。

Photo_7去年写真で見て、会いたかったお雛様heart02

お顔もお衣装もすばらしいと思いましたshine

明治2年の箱がありました。

嫁道具もすごい。Photo_9
裃雛の表情も、愛らしく上品な感じがします。

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛めぐり 所沢編

Photo


所沢町造商店のお雛様飾り。江戸時代から現代の所沢人形まで。市松人形も見どころでした。ここでは観光案内もしています。


Photo_5


井筒園というお茶屋さんのショーウインドウに飾られていた、「国策雛」。

昭和19年3月に蔵前まで買いに行ったものだそうです。台の裏に日本玩具統制協会の公定価格の値札が貼ってあります。

人形や台、小道具などは焼き物でできています。表情はこけし風で、小さいのにとてもよく描けていましたshine

三人官女が明らかにおかっぱ頭ですsign03

狭山茶をいただいて、お話を聞かせてもらったうえ、あられまでいただいてしまいましたhappy02

とても寒い日だったので、よけいありがたかったですheart

所沢土産は井筒園の濃い狭山茶、醤油屋のかりんとう久助、おすすめですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »